美容コラム

COLUMN

美容コラム

マスクでメイク崩れ?すっぴん肌を目指すカスタマイズ治療とは

コロナ禍において、マスクを常に着用するのが当たり前の生活になってきています。
女性の場合は、とくに着用しているマスクを外すときにメイク崩れが気になる方も多いのではないでしょうか。

マスクを外したときのメイク崩れが気になるときには、思い切って素肌の美しさを追求してみるのも良いかもしれません。
ここではメイク崩れに悩んでいる方に向けた肌を美しくする方法についてご紹介しています。
理想的なすっぴん肌を目指したいという方はぜひチェックしてみてください。

 

 

マスク生活中のメイク悩み

マスクを外した瞬間メイク崩れが気になった経験はありませんか。
会食を避ける生活がスタンダードになってきたとはいえ、それでも人前で食事する機会はどうしてもあるでしょう。
人前でマスクを外したときには、今まで以上に目線が気になることもあります。
日焼けしたときと同じように、マスクをつけていた場所とそれ以外の境目がはっきりと見えたこともあるかもしれません。

顔全体にメイクしていても、マスクによる擦れや湿気などによってメイクが崩れてしまうとヨレ・シミ・シワ・たるみなどのよくない印象を与えてしまいます。
化粧崩れによって、実年齢よりも老けて見えたり疲れを感じさせたりすることもあるかもしれません。
しかし、メイク崩れが気になるからといって、崩れにくいようにしっかりと厚塗りしてしまうと肌への負担が大きくなってしまいます。

そのような状況が続くと、結果的にニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれないのです。
では厚塗りのフルメイクを避けながらも肌状態を健やかに保つためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

 

素肌の美しさを大切に

美しい肌とは、どのようなものをいうのでしょう。
ニキビや吹き出物などの肌トラブルがない肌のことでしょうか。
それとも、シワ・たるみなどがない年齢を感じさせない肌のことなのでしょうか。
もしかするとシミやくすみのない白い肌を思い浮かべる人もいるかもしれません。

目指す肌は一人ひとりあると思いますが、共通するのは化粧していない素肌が美しいことです。
素肌が美しいとメイクでカバーする範囲が減るため、そもそも肌トラブルが起こりにくくなります。
また、メイクを厚塗りしないためナチュラルな仕上がりに導くこともできるのです。
マスク生活に慣れてきたとはいえ、コロナ禍でこれまでとは違う環境になりストレスを感じやすいからこそ、素肌を大切にしたいものです。

 

ノーファンデメイクのメリットとは?

マスクによるメイク崩れが気になるときや美しい素肌を目指したいときにおすすめするのがノーファンデメイクです。
ここでは、ノーファンデメイクのメリットと方法についてご紹介します。

 

化粧崩れが気にならなくなる

ノーファンデメイクは、肌にファンデーションを塗らないので、マスクにメイクが付着しにくくなるため化粧崩れが気にならなくなります。
汗や皮脂などの汚れも肌表面にたまりにくくなるので、肌にべたつきを感じることが減るでしょう。

 

ナチュラルな仕上がりになる

化粧崩れを気にしてファンデーションを厚塗りしてしまうと、肌に負担がかかるばかりか透明感のある肌に導くことが難しくなります。
ノーファンデメイクでは、本来の肌質や肌つやの色合いをそのまま引き出してくれるのでナチュラルな仕上がりに導けます。

 

<ノーファンデメイクのやり方>

1.洗顔する

素肌のまま過ごしていると、自分でも気がつかないうちに汗や皮脂などの排泄物や、家の中にあるホコリなどの汚れが肌に付着していることがあります。
とくに起床時には、一度軽く洗顔してからメイクを開始するほうがよいでしょう。
洗顔するときは、洗顔料をホイップクリームのようにたっぷりと泡立ててから肌をこすらないように泡の力を使って汚れを落としていきましょう。
泡を洗い流すときには、ぬるま湯を使うと肌への刺激を和らげられます。
汚れを落とそうとしてゴシゴシ擦っては肌への過度な刺激になってしまいます。
洗顔中は、ゆっくりとした動作で丁寧に動かすように心がけましょう。

2.スキンケアする

洗顔後は、化粧水や乳液などいつも通りスキンケアしましょう。
乾燥肌や敏感肌の場合、専用のスキンケアを使ってもよいでしょう。
顔に加えて首元まで丁寧にスキンケアすると、血流がアップして顔色がよくなります。

3.UVクリームを塗る

ノーファンデメイクの基本は、UVクリームを丁寧に塗ることです。
小鼻の周りやおでこ、あご先、頬など凹凸がある部分は、塗り忘れがないようにしましょう。
ムラがないように塗ることも大切です。

4.フェイスパウダーで仕上げる

UVクリームを塗ったら、化粧下地やファンデーションは使わずにフェイスパウダーで仕上げましょう。
きめ細かいパウダーやツヤ感の出るタイプなど、好みに合わせたものを使いましょう。

5.ミストを使う

化粧崩れがとくに気になるときには、仕上げにミストを使えばサラッとした肌に仕上がります。
乾燥肌が酷いときにもミストで適度に水分を補って肌状態を整えてみましょう。

基本的な手順はご紹介したとおりですが、眉・唇・頬などはアクセントとして華やかな色を使うことで表情が明るく見えるようにもなります。
どのぐらいのバランスでメイクをすればよいのかたくさん試してみるとよいでしょう。

 

すでに肌悩みがあるとき

現在、何かの肌トラブルに悩まされなかなかノーファンデメイクを始められない場合、専門的な美容医療施術を頼ってみてはいかがでしょうか。
当院では、美しい素肌を目指したい方におすすめのカスタマイズ治療をご用意しております。

シミ・シワなど気になる部分に対して、医師がおすすめの治療方法をご提案いたします。
いくつかのマシンを併用してさまざまな方法で肌にアプローチすることで、理想的な素肌を手に入れるための手助けをいたします。
健康的な素肌を手に入れたい方は、ぜひ無料カウンセリングをお申し込みください。
(※カスタマイズ治療は、西宮院姫路院でご用意しております。シミ治療は全クリニックでおこなうことができます。)

ページの先頭へ戻る

  • 無料カウンセリング予約へ
  • 電話予約
  • ページの先頭へ戻る